東横インの記事が

読めなくなったとう問い合わせがありましたが、ほんとうですね。ご報告ありがとうございました。っていうか整理した記事全部でした。あはは。

整理しちゃったので東横インの記事はガジェット通信にも寄稿しております。お手数ですがそちらからご覧ください。覗いてくださった方ありがとうございます。

ゆるやかな話

体の事情で生活の速度がかなりゆるやかになっている。まず歩くのが遅い。いままで歩いて30分で行けたところに45分くらいかかってしまう。あと支度が遅い。チャキチャキ動くことができないため早めに起きないと遅刻する。晩ごはんを作るのだってそうだ。そんなことがいろいろ積み重なって、気づいたころにはねむたい時間がやってきてしまう。ああ、今日も最低限のことだけやって終わったなあ。そんな毎日である。

しかしこれに少しずつ慣れると、今まで無駄にあたふたと急ぎ過ぎていたのではないかと感じる。以前はあれをやってこれをやってとせかせか急いでこなして、さて空いた時間になにをしようかと考えながら行動していた。それがいまはただ体の都合に合わせてゆるやかに生活しているだけ。従来のように時間に余裕があることがほとんどない。だけれども、必要なことに時間をたっぷりかけて生活することに、特になんの不便も不幸も感じなかった。きっとあたふたと行動していたとき、空いた時間に結局いらんことばかりしていたのかもしれない。

いらんこと、とどのつまり、誰も見ていないうぶ毛の処理に時間をかけたりしなくてもよいのだ。きっと人生というものは。ちょっとミニマリストっぽいことを書いたかな。でもムダ毛は無駄なものなのか。ミニマリストも毛を剃りますか?

パンツ

男のひとと付き合うなら下着はくらいは上下揃えておいたほうがいいよなあと思って買った結構前から履いているパンツに穴が空いた。パンツだけ。セットのブラジャーは無事。ちょっといいパンツだった。上下で9000円くらいだっただろうか。下着に興味がなかった身としては値が張る金額だったのですこし名残惜しい。だが名残惜しんでいる場合ではない。穴の空いたパンツはわたしにひとつの大きな問題を突きつけた。「上下揃った下着のパンツに穴が空いた場合、ブラジャーのほうも一緒に捨てなくてはならないのか」と。これはとても難しい問題だった。よく考えてみよう。両方捨てる以外に、穴の空いたパンツを引き続き履く、という選択肢もある。共倒れなんていやだ。添い遂げてみせる。そんなパンツの声が聞こえてくるような気がする。一方でブラジャーはどうだろう。穴こそ空いていないもののスレや型崩れがひどく、かつてのきらびやかさの面影もない。でも、どこかたくましい。頼りがいがあった。人の年齢でいったら、55歳くらいだろうか。まだまだやれる。ブラジャーとてリタイヤするにはまだ早いと感じているはずだ。だったらパンツだって、まだまだやれる。これしきの傷。そう、これしきの傷なのだ。縫えばいい。縫ってしまえば、すべてが解決するではないか。縦の糸はわたし〜みたいな歌詞の歌があったが、そんなのきれいごとだ。鞭を打つように針を通し、糸を縫いつける。そこに、尊厳死はない。そんなことを考えているうちに下着を捨てるタイミングを見失うんですがみんなが下着を捨てるタイミングを切実に知りたい。

羽毛ぶとんと儀式

去年の暮れに羽毛ぶとんを買ったのだが生活が劇的に変わってしまった。というのも毎年、12月ごろになると深夜尿意を感じてトイレに起きるようになるという冬の習慣があったのだが、それがなくなったのだ。まあふとんが綿混から羽毛に変わったのだから、あたたかくなって尿意を感じなくなるのは当然のことだ。しかし毎晩毎晩、儀式的に放出されていた尿が突然出なくなってしまったさみしさが少しだけある。わたしにとって深夜の尿意は季語だった。身近に感じる冬の訪れの最たるものだった。あの儀式を経なければ、雪は降らない。椿は咲かない。サンタも来ない。そう思っていた。けれどまったくもってそんなことはなかったし尿意によって妨げられていた睡眠をさっさと取り戻したいので今日はもう寝ようと思います。

昨日の稀勢の里白鵬戦は泣きました。稀勢の里ォ!

整理整頓

ホームページ内の記事をいったん整理しました。

この半年で環境や心境に大きな変化があり、あまりくわしくは述べないとしても、とにかく指の毛がまったく生えてこなくなった。なにを言っているのかわからないがほんとうのことだ。指の毛がしっかりと生えるタイプの人間だったわたしにとってこれは正直かなり驚きの変化である。毎朝仕事に向かう電車のなかで、朝日に照らされて神さまみたいにきらきらと光る自分の指毛をながめながら、ああ、生えているな、と思う日々が忽然となくなったわけなのですから、驚くのも無理はない。生えていたものが生えてこなくなるいうのは、たとえ髪の毛でなくともとてもさみしいことなのだと知った。なんていうかそんな心境のなかでの整理整頓となりました。

記事の整理はしたのですが、うっかり両親が置物と化す記事だけ残ってしまい、残ったついでに久しぶりに読んでみたら奇しくも屁みたいに笑ってしまったのでそれはそのままにしています。また整理した記事に関しては、非公開にしていませんのでご懇意いただいている各リンク先からは問題なく飛べると思います。

 

対してツイッターはものすごく頻繁にツイートをしている。嗜好品のように手放せなくなっており、やめられないもの、わたしはアイスとくにガリガリ君を食べることがやめられないのですが、ガリガリ君を食べることと同じくらい必要なこと、今はツイッターがないと生きづらいと思うくらいになっています。そんな大げさなことを言っておりますが内容自体は生活の垂れ流しで、読み返してみるとばか丸出しだし誤字が多いしすこしツイートを制限したい。ツイッター制限。ツイッターダイエット。ツイッターやめたら指寂しくなってきっとポテトチップスとかに指を伸ばしてしまうからからきっと太る。触るならキーボードを触って文章を打つとかしたい。

両親が置物と化した

 

今週は実家に帰った。

そして、実家に着くなり、なぜか千葉県の銚子に行くことになっていた。

銚子に行くのは小学校の校外学習以来だ。

 

銚子

(このあたり、こと犬吠崎)

意見する間もなく私が運転することになったのだが、

実家は車を買い替えたばかりで、運転に馴染めず大変に肩を凝ってしまった。

ああ、私は肩を凝るために銚子に来たのか。

 

nuresen

(上の写真と同じような色合い)

途中、銚子名物・イシガミのぬれせんべいの本社工場店にお邪魔した。

ご存知のない方のために一応説明しておくが、

ぬれせんとは、ぬれているせんべいである。

湿気ているだけで言語道断なせんべいが、ぬれているのである。

といっても、私はせんべいはあえて湿気らせる派なので、何の問題もないのだが。

 

とりあえず、直営店では試食が食べ放題だったので、満足した。

もちろん、試食だけではなくちゃんと買ったので安心していただきたい。

 

 

tyousi_ion

(銚子のイオンのフードコートで撮ったすごいどうでもいい写真)

とまあ、銚子自体はたいへんいいところではあるが、

特に楽しくもなんともないドライブであった。(雪降ってきたし)

 

ひとつ、おもしろかったのは、

犬吠先海岸でひとり砂浜を駆け回ったあとに、

振り返ったら、両親が同じ格好をして石碑の文字を読んでいた。

これがまた絶妙な立ち姿だったので、載せておく。

ryousin_hiki

(置物かと思った)

 

寄って見ると

ryousin

(たしかになんか読んでるが、奇妙だ)