やや渋谷を散歩してきた

 

 

私は、ちょっと時間ができると、ふらふらとあてもなく歩いてしまう。

つまり散歩好きなのだ。

散歩の醍醐味は、目に留まったものを、立ち止まってちょちょっと見に行けるところにある。

私が思うに、散歩好きの人の大半は「街にあるヘンなもの好き」なのだ。

そして、私の知ってる散歩好きの人々は、ヘンなもの同様程度に、ヘンだ。

 

 

 

 

先週は微妙な時間ができたので、代々木上原・松濤・神泉・円山町エリアを散歩してきた。

特に松涛・円山町エリアは、日本で唯一高級住宅街とラブホテル街が隣接する場所だ。

人生の栄光と転落を絵にかいたような街を、写真とともに振り返る。

 

IMG_1101

(なんかデジャヴなキャラクター。誰かご存じありませんか?)

 

 

IMG_1105

(アパートに恵比寿。ここは富ヶ谷)

 

IMG_1111

(途中で自分が履いている靴がやけに気持ち悪いことに気づく)

 

代々木公園駅を降りて、富ヶ谷、神山町、松涛を抜ける。

松涛はおなじみの高級住宅地だが、最初こそ「でかい家だ!すごい!」と思ったものの

歩いてるうちにどの家も全部同じに見えてきた。

途中「このお宅知りませんか?」とサザエさん劇中さながらに声をかけられたが、

「私は松涛の人間じゃありませんごめんなさいすいません」といって去った。

セレブからは程遠いやっぱりぱんつだ。

 

IMG_1128

(円山町の高低差がすごい)

 

東急百貨店前どおりを抜けて、円山町に入った。

ちょっといくと道玄坂に続くこの町は、渋谷でも有名なラブホテル街。

5年ほど前に一世を風靡した某占い師のスナックも、この町にある。

いやしかし、この町、本当に高低差がすごい。階段上ったり降りたりで、

迷路のような町だ。途中サラリーマン風のおじさんと6,7回すれ違った。

あんたも迷ってるのか、と話しかけそうになった。

 

IMG_1123

(東電OL殺人事件の現場)

 

円山町を歩いているうちに、井の頭線・神泉駅が見えてきた。

そしてその横には、かつて世間を騒がせ、

犯人とされていたネパール人が冤罪で釈放された話題が新しい、

東電OL殺人事件の現場が禍禍(まがまが)しく残っていたのだった。

 

IMG_1127

(遺体が発見された101号室)

 

私はこの事件を、桐野夏生氏著書「グロテスク」で知った。

昼はエリートOL、夜は娼婦という堕落の道をたどった理由は、

いかなる者にもわからないし、わかりえないことだと思う。

いずれにせよ、ゴビンダさんを犯人に仕立て上げたせいで、

真の犯人が捕まらなかったのは、非常に残念なことである。

 

 

 

 

 

このあと、東電OL殺人事件の現場を見た興奮で、円山町で時間をつぶしすぎた。

歩き疲れたせいか、ほとんど写真も撮っていない。

大急ぎで代々木上原まで戻らなくてはと、せこせこと進んでいるうちに、

しまっていたカメラを思わず取り出さざるを得ないものが、目の前に現れた。

 

IMG_1136

(描いてあるカップルの絵の様子がおかしい)

 

ちょっと待て、これは近隣の小学生や中学生が描いたものだろう。

春の小川、それはわかる。

なぜカップルがいかがわしい雰囲気なのだ。

 

IMG_1136 - コピー

 

渋谷区に住む小中学生にとって、カップルとはこういうものなのか。

描かれてしまったものは仕方がないが、私は誓う。

お金持ちと結婚して家庭を持っても、渋谷には住まないと。

 

 

やや渋谷を散歩してきた” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください